キャッシングローン比較ならキャッシング比較の王道

TOP >> キャッシングの知恵袋 >> 保証人について

保証人について

保証人とは

保証人とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合にその履行をなす債務(保証債務)を負う者をいう(民法446条)。
言い換えると、保証人とは、借入金が金融機関との契約どおりに返済されなかった場合など、 借入者が、返済を行わない場合に、その返済を、借入人に代わって行う人のことをいいます。

保証とは

保証とは「一定の債務が履行されない場合にその債務を主たる債務者に代わって履行する義務を負う」ことです。

例えばあなたの知人(債務者)が業者からお金を借りるので保証人になって欲しいと頼まれたとして あなたは親友ということもあり、お金を借りる契約の保証人になったとします。 しかし、知人は業者に1円も返すことなく夜逃げしてしまいました。

こういったときに、契約上はあなたに親友が借りたお金の支払い義務が生じてしまいます。 このように保証人になるということは債務者と同一の支払い義務を負うことになります。

先頭へ