キャッシングローン比較ならキャッシング比較の王道

TOP >> キャッシングの知恵袋 >> 審査で重視される項目

審査で重視される項目


新規契約の場合、キャッシングの申し込み時に、住所・氏名をはじめとするあなたの個人情報を記入(または入力)します。 その項目は、氏名・年齢・住所から家族構成・仕事・年収・住居・他社利用など、自分の財政状況を中心にある程度さらけ出さなくてはいけません。この情報を元に、融資する(しない)か、いくらまで融資するかなどが決定されるワケですから非常に重要な情報です。

では審査のうえで重視される項目はどのようなものでしょうか。基本的には、申し込み者の素性が明らかになる項目や、確実性の高い項目が重視されます。


年齢 年齢が高いほうが信頼されそうですが、実際はむしろ正反対で、消費者金融においては、 顧客ターゲットを20〜30代と設定していることが多いようです。 年齢が高いにも関わらず、蓄えがないというのは、業者からみれば問題ありといった ところでしょうか。若い人に蓄えがないのは当然と考えられるのと、 働き盛りなので、稼いで返済する事が可能と見られるようです。 ただし、若すぎるのも収入が少ないだろうと推測されるので不利となります。
住居 賃貸より持ち家が有利なのは当然ですが、その居住年数も 重要な要素です。住居を転々と変えている人は、業者から すれば回収しずらい方なので当然信用度が下がります。
職業 高収入が得られる職種でなく、安定した職種であると信用度が高くなります。 公務員を筆頭にサラリーマンの人は安定していると判断され、 逆にパート・アルバイトは信用度が低くなります。 また、自営業者も不利な判断をされることがあるようです。
結婚 一般的には既婚者のほうが社会的信用度は高いと考えられますが、 この場合もキャッシングと一般社会とでは異なります。結婚していない未婚者のほうが 有利となる可能性が高いのです。結婚していると色々とお金が必要になるため、 自由に使えるお金が少なくなるはず、と業者側は考えるようです。
履歴 過去に、借入れの経験があるかどうか。また現在借入れ中ではないかなど。 単純に、借入れの中でないほうがいいですし、過去の履歴も無い方が良いです。

審査通過を重視される方



先頭へ