キャッシングローン比較ならキャッシング比較の王道

TOP >> キャッシングの知恵袋 >> 審査基準

キャッシングの審査基準

各金融業者により異なる基準がある

キャッシングの審査基準は、各金融業者や融資金額によって異なります。 ただし基本的な部分では共通しています。

安定収入があるか

仕事先さえ確認できれば、派遣社員、パート社員、アルバイトであっても融資可能な場合がほとんどです。 ただ、公務員、会社員がやはり審査上有利であることは間違いないようです。

他のローンを利用中か

他社から数件借りている多重債務者は、返済が困難になる可能性が無い人と比べて高いので、 審査で落とされる可能性が高くなります。金融業者によっては、1〜5件までなら 何とかなることが多いのですが、それ以上だと審査通過は厳しくなります。

過去に金融事故をおこしていないか

自己破産や債務整理(任意整理)などの金融事故を起こした人は、 審査が通らない可能性が高くなります。信用情報機関に記録された、 金融トラブルなどの個人信用情報は、最長5年間で消えることになっていますが、 自己破産から数ヶ月後に借入可能な場合もあれば、5年以上経過しても借入不能な場合もあります。

審査通過を重視される方



先頭へ