キャッシングローン比較ならキャッシング比較の王道

TOP >> キャッシングの知恵袋 >> 審査に落ちる原因

キャッシングの審査に落ちる原因

他社借り入れ件数が許容オーバー

圧倒的に多い原因の一つです。各金融業者によって、他社借入件数の許容数が異なるので、 申し込むべき業者を検討しなおす必要があります。

返済の延滞や金融事故を起こしている

5年以内の過去に、返済の延滞や金融事故をおこしている場合、 審査に通る可能性は限りなく0に近づきます。

属性モデルが与信0

属性モデルの評価がとても悪く、アルバイトで、定住せず、独身など、不利な条件が重なっていると言えます。 この場合、融資額(限度額)が0という評価となってしまう事があります。

勤続年数が短すぎる

多くの金融業者は3ヶ月未満だと無条件で審査に落とされてしまいます。 厳しいところでは6ヶ月未満が不可というところも存在します。

定住していない(確認がとれない)

運転免許を持っていない、自宅電話を開線していない、などは、条件的にかなり厳しくなります。

申込みブラック

短期間に3社以上の金融業者に申込みをすると「申込みブラック」などと呼ばれ、 多重債務になる可能性が高いと判断し、それだけで審査を落とす金融業者がほとんどです。 3社申込みをしたら信用情報機関に申込み記録が残っている1ヶ月は間をおいてから 再度申し込みして下さい。

職業

金融業者によりますが、特定の職業は、融資対象外としているところがあります。

■無職
収入が無ければ返済できないので、当然融資対象外の扱いです。

■暴力団・政治結社・右翼団体
回収時に回収をおこなう人の身の危険があること。 服役による長期未回収リスクがあるため、融資対象外の扱いとなります。

■金融関係
同業にあたるので、業界事情に詳しいので貸す側にとって不都合が多い。

■弁護士
法律に精通しているので、こちらも同様に貸す側にとって不都合が多い。

自宅電話・携帯電話が料金未納等で止まってる

審査結果を電話で通知する際に、わかってしまうことです。 こちらも審査に落ちる要因となります。

審査通過を重視される方



先頭へ