キャッシングローン比較ならキャッシング比較の王道

TOP >> キャッシングの知恵袋 >> 多重債務にならないために

多重債務にならないために

多重債務とは?

一般的に「債務者がその時点で自分の債務返済能力以上の債務を抱えている」状態を多重債務といいます。

多重債務の要因

収入に合った生活をしていなかったり、カードにより返済金額を考えない無計画な買い物や、 住宅ローンの過重な負担などが考えられます。住宅ローンの場合は、変動金利を選んでいたために、 金利引き上げの結果、債務が返済能力を上回る場合があります。

また最近では、長引く不況や企業の倒産・リストラによって収入が減少または無収入となり その生活苦から、カードローンや消費者金融を利用しているうちに借金が大きくなり、 支払いが困難になったというケースが増加しています。

多重債務にならない為に

まず無計画なキャッシングをしないことが、一番の対策ですが、 実際にはどうしてもやむを得ない事情からクレジットや キャッシングに頼らざるを得ない状況があるでしょう。

その場合でも、返済可能な金額かどうかを事前に計算し、 できるだけ低金利なものを選ぶ事をこころがけて下さい。

借入後も「返済のためにさらに他社から借入」を絶対しない事がなにより重要です。 こうした返済を繰り返すと、複利方式で借金が膨れあがり、簡単に多重債務者となってしまいます。 くれぐれも気をつけて下さい。

おまとめローン

先頭へ