キャッシングローン比較ならキャッシング比較の王道

TOP >> キャッシング用語集 >> キャッシング用語集(は行)

キャッシング用語集(は行)


ビジネスローン(びじねすろーん)

中小企業、自営業者を対象とした「小口・短期」のローン商品。ノンバンクが中心となって商品を提供していたが、金融機関もノンバンクの保証を付けることによりビジネスローン市場に参入している。ビジネスローンにおける「小口・短期」とは、通常、「300万円・2年以内」が設定されている。

表面金利(ひょうめんきんり)

預金やローンにおいて、契約の際に預金者もしくは債務者と金融機関が合意した金利そのもののことを言います。例えば100万円を半年複利3%の定期預金に預けた場合、1年後には103万225円になり約3.02%の利息がついたことになります。この場合、表面金利3%、年利回り3.02%というように使い分けをします。

復権(破産法の)(ふくけん・ふっけん)

破産者が破産宣告によって喪失した権利、資格を回復すること。「当然の復権」と「裁判による復権」の2つの態様があります。

物的担保(ぶってきたんぽ)

物的担保とは、不動産・有価証券など特定の財産を債務の引き当てとして確保するのもです。返済ができなくなった場合には、これらの財産を処分して支払いに当てられます。

フリーローン(ふりーろーん)

消費者金融のうち、資金使途を限定しない消費者ローンの商品名(和製英語)。金利改定のルールは特になく、返済年限は6ヵ月ないし1年以上で最長5年。

プロパーローン(ぷろぱーろーん)

自社で調達した資金を、自己のリスク負担で貸し出すローン(和製英語)。

変動型金利ローン(へんどうがたきんりろーん)

ローン返済期間中に適用金利が変動するタイプのローン。ローン金利の見直しは、民間住宅ローンの場合であれば年 2 回が一般的。ローン金利の見直しは頻繁に行われるが、返済額の見直しは 5 年に一度としている所が多い。ローン金利の変動があっても 5 年間は返済額が変わらず、変化するのは返済額の利息と元本の割合だけ。 6 年目以降の返済額はその時点で再計算されるが、仮にローン金利がかなり高くなっていても、直前の返済額の 25 %アップまでと上限が決まっている。ローン金利が高い時に変動金利で借りると、ローン金利が低くなるに伴って徐々に元本部分の返済に回る割合が拡大していくメリットがあるが、逆に低金利の時に利用すると、ローン金利の上昇に伴って利息の占める割合が多くなり、ローン残高がなかなか減らないことになる。

弁済(べんさい)

弁済とは、お金などの借りていた金品を返すことです。

ボーナス一括払い(ぼーなすいっかつばらい)

ボーナス一括払いとは、物品・サービスの購入代金を、ボーナス時に一括払いすることです。基本的に手数料は掛かりません。

保証人(ほしょうにん)

他人の債務(お金などを返す義務)を保証する人のことで、返済がなされない場合、債務者(お金などを借りた人)に代わり返済する義務を負います。

本人確認法(ほんにんかくにんほう)

(金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律)金融機関等が顧客へ本人確認を行うこと、顧客との取引記録を保存することを義務付けた法律。本人確認が必要となるのは、口座開設、貸金庫、信託取引の開始、有価証券の売買、保険契約の締結など継続的な取引関係の開始の場合、200万円以上の大口の現金取引の場合、本人特定事項の虚偽告知や名義人へ成り済ましの疑いがある場合で、個人のみならず法人も対象にしています。この法律は、金融機関がテロ資金隠しやマネーロンダリングなどに利用されることを防止することを目的としています。平成14年4月26日公布、平成15年1月6日施行。

先頭へ